◇のんびりいこうよ◇                                                                                                                シロが嵐ごとメインに好きにつぶやいてます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月18日 (月) | 編集 |
改めてこんばんは

相変わらず絵文字エディターが無反応・・(認証中)
マイッタネ。



今夜はベイストの500回記念。

ニノの誕生日とワクワク学校もあって、
色んな事が重なって本当おめでたい1日でしたね



以下、オンエア内容。
(一部、ほぼ丸々レポにしてます。)











まずオープニングの質問。

リスナーさんから。
「500回とイベントと誕生日が同じ日だと分かって
テンションが上がりましたか?」


ニノ。
「500回はね、テンション上がりますよね。

(STBY アニバーサリーですから。)
いや、本当に。だって10年かけて500回でしょ?
が、誕生日だったらね。

(STBY ねえ。)」




続いて、

聞き納めのカウントダウン500。

ここで大楠さん登場~!
ここからエンディングまで3人で進行。
ニノとの掛け合い(話のうまさ)に大楠さんを褒めちぎる。
STBYのトークの下手さを暗に匂わせてました(笑)



一番多かったリクエスト。

リスナーさん。
「私がもう一度聞きたいベイストは2005年3月25日放送の
嵐のみなさんがゲストで来てくれた回です。」



ということで・・当時の音源

4人「お邪魔しま~~~~す!」

「はい。ということで、嵐の二宮和也です。
あれ?と思った方も多いでしょう。
実はですね、何とこのベイストームに嵐のみんなが遊びに来てくれました!
一人ずつ挨拶をお願いしまーす!」


「大野智でーす!」
「櫻井翔で~す!」
「相葉雅紀です。」
「松本潤です。こんばんは。」

「とういことでですね、番組始まって以来のゲストって言う事で。
嵐の全員に集まって頂きました。宜しくお願いします。」


「よろしくお願いしまーす」

「僕が番組を仕切るわけですけども、
是非ともね、みなさんドンドンくって来て頂きたい。」


「おおっ!(お~っ)」

「ま、でもね、このベイストーム始まりがあるわけですよ。
その始まりはね、「友達について」
「メールをください。」とか、いっぱいそういう事を掛けてね、
「友達になろうよ」と言う事で始まった番組なんですけども。」


「はいはい。(なるほど。)」

「最初にね、「友達」をキーワードに掛けてこんなものをご用意しました。
題して『嵐・友達リサーチ!携帯電話を鳴らせ!!』」


「おお~っ!」

「ということでね、みなさん突然ですが、自分の携帯電話をもってるでしょ?
ラジオをやってるけど、電源をオンにしちゃおう。」


「いいの~?(大丈夫なの~?)」

「いいの、いいの。大丈夫、大丈夫。
この番組が終わるまでに誰の携帯電話が一・・


・・リリ~ン!(電話着信音)

「えええ~~~~~~~っ!?!?」

大野・櫻井「すげえ」

「早っ!」

「相葉雅紀。出ていいの?これ。」

「出ていいよ。出ていいよ。
出てる間喋れないから、ちょっと表に出て。向こうで電話して。
この様にね、電話が鳴るかも知れない。
これ一番電話が来た人がね。
ちなみに緊急アンケートを取った結果。
1位、櫻井君。36% 」


「うん。鳴んねえよ、俺。」

「2位 二宮君。
一応僕の番組なんでね、みなさん多く送ってくれました。22%
で、3位が今掛かってきた・・」


・・リリ~~ン!(電話着信音)

「誰~~~~~~~??今掛かってきた!」

「掛かってきた!」

「(笑)凄い鳴るよ~!3位が相葉雅紀。
そして4位、松本さん。何かね、寡黙なイメージが強いんだって。
そう、だから中々いないんじゃないかって。」


「友達いるよ~。友達多いぜ、俺。」

「そう、何か一人オオカミみたいな所があるわけですね。」

「メール!メール!」

「嘘でしょ!?」

「メール着たよ、俺。」

「リーダー、8%だよ!8%だよ、リーダー。」

「メール着たよ、今。」

「嘘でしょ?あのマナーモード変えて、切っといて。
全部音が鳴るようにしといて。」


「今音が鳴ったんだけどな。」

「え、嘘。鳴った?
ねえ、あんたいつまで電話してるの?それで。」


「早くしろよ(笑)」

「早くしなさいよ。ラジオ撮ってんだから。」

「ちょっと待って。また後で電話するわ。」

「これ凄いよ。翔君なんかね、メール着てますよ。
『コンサートのMCで本人が言ってたし、
前に携帯を変えた時に200件以上メールを送った』って言ってたって。」


「違う。それね、そんなに無いんだ。」

「あ、本当?」

松本、ニノ「嘘ついたの?(笑)」

「いや、200件以上送ったけど。
「や、そういう問題じゃねえな」って思って。量じゃない。」


「あ、本当。」

「俺今さ、超早かった!入れた瞬間だよ!?
ヤバイ、これ。幸先良いんじゃないの?」


「タイミング良すぎたね。」

「うん。」

「で、これがね、プレゼントがありますよ。嵐の皆さん着て頂きましたからね。
その結果を送ってきて頂きたい。誰が一番多かったのかって言うのをね。」


「なるほど。」

「みんなのために頑張って頂きたい。聞いている人のためにも。
宜しくお願いしますよ。」


「ヨッシャ。お願いしますー。」

「うん。まず最初の曲に行きましょう。 手をつなごう



・・・ここで、オンタイムに戻る。

当時のメンバーの声の話。
相葉ちゃんや潤君は変わってない、と。



続いて、

リスナーさんからのリクエストも嵐全員がゲストで来た回。


・・ということで、再び当時の音源(続きから)



「電話鳴んねえな、しかし。」

「ニノ鳴った?」

「鳴ってない。」

「俺も鳴ってねえ。」

「俺もう、ちょっと勘弁してくれよ・・」

「さっき、しかもセンター問い合わせしても入ってなかった。」

「これ留守電じゃだめだよね。」

「ワン切りしようかな。」


(おそらく、ここから曲中に届いたリスナーからのメールを読みながら)


「全部一緒だよ?」

「何?」

「『何でもいいので面白い事言ってください。』」

「(笑)」

「全部それだ!(笑)」

「(笑)」

「だから、誰に言いたいか言いなさいよ。」

「『面白い事一発お願いします。』だって。」

「(笑)」

「勘弁してくれよ。これ絶対当たるようになってんだ、これ。」

「誰に言って欲しいかやってみたらいいんじゃない?これ。」

「そんな面白・・」

「あ!!!メールが着た!!!すげえ嬉しい!」

「和くん着た?」

「うわ~、今喋ってて。」

「今、途中経過としてどうなってんの?数字は。」


・・・リリ~ン!(着信音)


「うおっ!着た!うっしゃ~!」

「すげえな」

「何だよそれ~。」

「毎日大変じゃねえか、それ。」

「あのね、さっきと同じ奴。パソコンから送ってるから分割されてるだけなんだけど。」

「翔君が今4。で、俺と相葉ちゃんとリーダーが1。」

「やべぇ~」

「潤君は」

「ね、ちょっとそろそろ明日の連絡とか入れてくくんねえかな。」

「(笑)」

「ジャニーズ事務所?」

「ジャニーズ事務所。」

「やっべえ!ちょっと嬉しいな。」

「鳴る気配ねえな。」

「鳴る気配ないね。」

「誕生日とかだったらそろそろ鳴りそうなんだけどな。」

「でもこれちょっとリスナーの皆さんに報告していかないといけませんから。
聞いて頂いてね、是非とも、この嵐のグッズもあるわけですし。
そうそうそう。
じゃあ、最後リーダー、面白い事言って曲行きましょうか。」


「そうしましょうか。」

「ええ~っ」

「モノマネでもいいよ。じゃ、今嵐が見たいモノマネにしようか。」

「でもリーダーのやりたいのでいいよ。」

「リーダー、一番自信・・」


・・・リリ~ン!(着信音)

「おお~!すげえな~」

「いや、本当同じ奴からなんだよ。パソコンから分割されるんだよ。」

「でもそれカウントされますからね。誰かパソコンから送ってくんねえかな。」

「何通もごめん。って着てるよ。」

「その細々もいいんだ。」

「細々もいいですよ。鳴ったらいい。何とか鳴ってくんねえかな。」

「マジで~?ちょっと鳴んねえかな、俺。」


・・・リリ~ン!(着信音)

「着た!誰?!」

「いや、今ちょっと普通に着信音量を。」

「何だよ、それ~」

「俺のはこの音が鳴る。」

「みんなは何が鳴るの?」

「リンリンリン」

「リーダーは?」

「俺ね、「WEST SIDE」だよ。」


・・掛けてみると・・

「オープニングじゃねえか!分かり易い曲にしろよ!じゃあ。」

「友達から貰ったの。でもメールだから「トゥ~♪」で終わっちゃうの。」

「(笑)」

「それ聞いて曲紹介しようよ。」

「それをバックミュージックにして。」

「じゃあ、俺メール入れてあげようか。」

「うん。」

「あ、大野さん。自宅の番号も入ってるんだけど。」

「すげえ。」

「マジで?じゃ、ちょっと自宅にかけてみて。母ちゃん出ると思う。」

「(笑)」

「行きまーす。大野さん行きまーす。」

「噛まないでね。」

「メール送信中。メール送信中。じゃ、曲紹介いこうね。」


・・・トゥ~トゥ!(着信音)


「着た!それでは聞いて頂きましょう。嵐で桜咲ケ



・・・ここでオンタイムに戻る。


当時も今と同じスタジオで収録してたそうで。

でも時々上の階で収録することも。
そこは大きな部屋みたいな所で、分かれてなくて。

その時、俺この2週後くらいに終わるんだな、って思ったそうです。
どんどん色んなものが無くなっていくから、って。




そして。

ニノのバースデー!

恒例のおめでとうメッセージが流れました。

なんとトヨエツさんから!

いきなりトヨエツさんがバースデーソングを歌ってる!

私もさすがにすぐ気づけませんでしたよ~。


「二宮君、29歳の誕生日おめでとうございます。
豊川悦司と渋沢プロデューサーです。

え~っと、二宮君が29歳になったという事で。
30代は中々、男にとっては充実した素晴らしい年代だと思います。
残りあと1年の20代、謳歌してプライベートにお仕事に
一生懸命にやって貰いたいと思います。

2013年公開予定の映画「プラチナデータ」では、本当に本当にお世話になりました。
楽しい仕事だったね。
あの、まぁ追う側と追われる側ということで、実際に一緒にやるシーンってのは
そんなに多くは無かったんだけど。
でも数少ない二宮君とのシーンってのは僕にとっては物凄く何て言うの、
気持ちいい緊張感であって。
久しぶりに凄く充実した「撮影してるな~」って思わせてくれる風に思わせて貰いました。

この映画のお話頂いた時に「二宮君とやりたいな」と思っていた最初の
自分のファーストインプレッションみたいなものが間違っていなかったなと思って、
凄く嬉しくなりました。

僕はまぁ勿論、嵐の一人のメンバーとしてこのエンターテイメントの世界で
頑張っている二宮君を凄く応援したいと思いますが。
やっぱり僕としてはもっともっと映画の中で「二宮和也」という役者のチャーミングで
尖がった芝居を見たいと思っています。
是非是非、これからも映画に出演して貰えればと嬉しく思います。

え~では、また最後にハッピーバースデーを歌わせて貰います。」



トヨエツさん2回も歌うって言う・・ね。(笑)
ニノも笑ってましたよ。


ニノも言ってましたけど、トヨエツさんが珍しいですよねー。
貴重なメッセージを頂きましたね。



そして最後にお宝音源。

「痕跡(かこ)」でした。



エンディングはスタッフさんからケーキと花束とプレゼント。

最後にニノからのムチャブリ。
STBYと大楠さんで「10年」をテーマに川柳。
見事にグズグズでした・・。




たっぷり貴重な音源に貴重なメッセージ、オマケ?の川柳で
二宮Dayラストは豪華なラジオでしたよ。


ニノちゃんおめでとう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。