◇のんびりいこうよ◇                                                                                                                シロが嵐ごとメインに好きにつぶやいてます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年09月18日 (日) | 編集 |
ジュンスタ、レポートです。


いや~、やっと完成。

前に文字起こしやってたから慣れてるはずなんだけど、
ジュンスタは一人ラジオだったから
今日の掛け合いは細かく聞き取り、聞き分けしながらが難しかった。

堀江さんの声、聞き取り易いはっきりした声の方だけど、
スピードが慣れてないから、ちょっと余分に時間かかったかな。


でも二人の掛け合い、すごい面白くて。
堀江さんも沢山潤君にエピソードとか聞きだしてくれたりして、
相性いいな~と思った。


番組は終わっちゃうから、今度はゲストとして来てほしいな~。

欲を言えば、またいつかレギュラーを・・。

あと一回か~~・・


さて。
以下、レポ興味のある方はどうぞ。





『ARASHI JUN STYLE』



おはようございます。
9月17日土曜日の朝、いかがお過ごしですか?松本潤です。

え~、先ほどから聞いて頂いている人は知っていると思いますが、
今日は生放送でお送りさせて頂きます。

え~、どうなるか分かりません。そして噛むかも知れません。
そして言っちゃいけない事を言ってしまうかも知れません。(笑)

え~、なるべく粗相のない様にやって行きたいと思いますが、
とにかく初めての生放送なんで、「JUN STYLE」が。

楽しんでやって行きたいと思います。

え~、では今日も松本潤とお付き合いください。
『ARASHI JUN STYLE』生放送スタート!


 Everybody前進



え~、改めましておはようございます。嵐の松本潤です。
今日のオープニングは嵐で「Everybody前進」聞いて貰っています。

さあ、生放送ということで、スタジオには堀江ゆかりさんにもいて頂いております。
宜しくお願い致します。


あの~、なんかすみません。
私、ここにいていいのかな?って感じなんですけど(笑)
宜しくお願いします。

いえ~、あの本当に有難い限りで。何かあったら本当に大変なので、ぜひ。

いやいや、あのしっかりしているのはたぶん潤君の方なので。

いやいや、そんなことはないですよ、本当に。(笑)

フォローして貰うような感じなんですけどね。(笑)

若干何か声が緊張気味・・だと思わない?(笑)

そ、そうですかね?

何かね、自分の中では声がそんな感じがします。(笑)

ああ、ディレクターの方が大きく頷いてるのと。

はい。(笑)

朝から実はすごい心配していたんですけど。

はい。(笑)

何でそんなに心配されているんでしょうね?

さっきもだって、あの10時に、あの頭に登場した時だって僕の横にずっと座ってましたからね。(笑)

もうぴったりくっ付いてましたね。
何か、親が子供を見てるかの様にくっ付いてましたね。(笑)

ええ。(笑)



さあ、ということで。
って言うか、あの「初めまして」なんですよね?


ええ~。「初めまして」なんです~。

あの~、こうやってお会いするのは。

良かったです~、お会いできて。本当に。

いえいえ。ありがとうございます。宜しくお願いします。

あの、今日はね、「夏やり残したこと」ってテーマですけども。

はい。

ここでお会いできなくて『JUN STYLE』が終わってしまったら、
私人生でやり残したことになっていたことかと。(笑)

いやいやいや。(笑)
そんなことは無いと思いますが。


ああ、良かった。はい、ありがとうございます。(笑)

あのメールを頂いているので、ちょっと紹介しますね。

はい。

埼玉県の〇〇さん。
「『JUN STYLE』終わりというお知らせを聞いてとても驚きました。
でもお仕事お忙しいと思うので健康には気を付けて頑張ってください。」

という事で、メールを頂きました。

「テーマの「やり残したこと」ですが、堀江ゆかりさんと会ってみたらどうですか?
会わないままで終わったら、リスナーとしても後味悪いです。
是非会ってみて下さい。」

というメールを頂きました。


ああ、嬉しいです。そんな暖かい、何か目で見守って聞いて下さっていたかと思うとね。

そうですよ~。
あの~、結構ですね、あの「堀江さんと何か一緒にしてください。」って言うメール多くて。


あ、そうなんですか。

はい。あの、横浜市の〇〇さんはですね。
堀江さんのコメント。

「9月3日の放送後の堀江さんのコメントまで聞いてジーンとしてしましました。
堀江さんと絡んでください。潤君の声も優しく耳に響きますが、
堀江さんの声も同じく優しく耳に残ります。そんな二人の会話聞いてみたい。」

という事です。

人生で一番嬉しいかも知れませんね、今が一番この瞬間がね。(笑)

いや、何か、あの・・ね、それこそ、この間『嵐にしやがれ』の前、前後でもね。

あ、ナレーションをやらせて頂いていて。(笑)

ね。あの~。

ただちょっと残念なことがワンクールで終わってしまって、粘れなかった自分に~何か。(笑)

いやいやいや。(笑)

「ああ、悲しい」と言う感じですけど。


まぁ本当、9年間、こう~・・ね、『エキサイティング』の中で僕もやらせて頂いて。

はい。

何か不思議ですね、9年間で初めてって。

だって最初10代だったんですよね。

そう~じゃないですか。今9年だから。そうですね。

10代だったんですよ~。何か、こんなに大きく立派になって、という。(笑)

いや~~~。

きっとね、あの、リスナーさんで潤君ファンって凄く、ファンの年齢層が広いじゃないですか~。

はい。そうですね。

だからきっと、そういう温かい目で見ている方多いですよ。(笑)

いや~本当に、この間も本当~ディレクターの唐崎さんと話してたら、
「始まった当初は本当にただのクソガキだった」って言う話ですからね。(笑)


(笑)じゃあ、あの~ディレクターの唐崎さんも「ああ、大人になったな~」と思いながら頼もしく。

いやいや、そうなんじゃないですか~?
Nackのスタッフの方も含めみんな「大人になったな~」という印象何だと思いますけどね~。



でも聞いたんですけど。
潤君はちゃんとご自分で選曲もされて。

そうですね。

メッセージも目を通して色々選ばれると聞いて。
これだけ忙しくて中々出来ない事だな~って感心していましたけども。

いや。何か、こう・・直接リスナーの方とね、
メールだったり手紙だったりで、思っていることを聞かせて貰ったり。
それこそ、コンサートのクレームとかを「もっとこうした方が良い」みたいな事とか、
メールを凄く沢山貰って。
それが何か、直接飾る言葉じゃなく、直接的な言葉でコミュニケーション取れたことが
凄い良かったですね。


それはちょっと、やっぱテレビとかとはまた違う、ね。

そうですね。違いますね。うん。

ええ。だからみなさんも、これ聞くと、『JUN STYLE』聞くと凄く潤君と距離がね。

うん。

こう、近くなる気がするんじゃないでしょうか。

そうなのかも知れないですね。

ええ。

ありがたいですね。



いや~~~。生放送だよ。

生放送ですよ。(笑)
今、ちょっと噛みしめている感じですかねぇ。

今流れてるんでしょ~?

今流れてる。

凄いよ~。

あと、こう、みなさんは、今メッセージを送ると、ダイレクトで届くと。

そうですよ。
あの、「この夏やり残したこと」メール送ってきて頂きたいと思います。
メールのみになっちゃうんですけどね、今は。


はい。

是非宜しくお願いします。
じゃあ、曲行こうかな。え~、ではここで1曲聞いて頂きたいと思います。
嵐で『言葉より大切なもの』


『言葉より大切なこと』


え~、FM Nack5で松本潤が生放送でお送りしている『ARASHI JUN STYLE』です。
今日は『エキサイティングサタデー』の堀江ゆかりさんと一緒に生放送ですよ~~。

え~、ではここでみなさんからリアルに頂いたテーマ
「あなたのこの夏のやり残し」についてのメールをご紹介したいと思います。

ますはこの方。ペンネーム〇〇さん。

「潤君、おはようございます。
(おはようございます。堀江さんもおはようございます。)
(おはようございます。)
初めてメールさせて頂きました。早速ですが「やり残したこと」というか、
私は潤君に宣言しておきたいことがあります。
決して最後まで諦めず、必ず第一希望の大学に合格します。
「これで辛い時、負けそうな時、潤君に宣言したんだから」と踏ん張れる気がします。
勝手に心の支えにしますので、試験を乗り切ったらまた嵐さんに会いに行くことを楽しみに
頑張ります。
最後に、私は観には行けませんが、体に気を付けて舞台の稽古頑張ってください。」

との事です。


もう、潤君に読んで貰えたんだから間違いなく受かりますね。これは、ね。

いや、そんなことはないでしょ。(笑)

大丈夫。ファンは。(笑)
いや、絶対そんなことはないと思いますけど。

パワーがこの電波を通じて行っていると思うから、絶対頑張ってくれると思う。(笑)

いや、それはもう、自分の力っていうのがありますから。
自分の力を信じて一生懸命勉強して、是非自分の志望校に合格してほしいと思います。
頑張ってください、〇〇さん。


頑張ってください。


さあ、続いて。熊谷市のラジオネーム〇〇さん。
「私にはやり残したことがあります。それは潤君にお便りすることです。
毎週送ろうかなと考えるものの、なんだか緊張して送れなく、気持ちを伝えられなかったので
『JUN STYLE』に最初で最後のお便りをしたいと思います。
私は潤君に、嵐に沢山救われました。
中学に入った時は友達作りを手伝ってくれました。
私がめっちゃ落ち込んでいる時は楽しい音楽と潤君のお喋りで楽しくして貰いました。
時にはキュートで、時には凄く真面目に話していた潤君のラジオが終わってしまうのは
寂しいけれど、またいつかNack5でラジオをやってくれたら、と思います。
体を壊さない様にお仕事頑張ってください。テレビの前で沢山応援しています。
最後に、テストの順位が上がるように願っていてください!
では、9年間お疲れ様でした。」


もう大変ですね、潤君。色んな所にパワーを送らなきゃいけなくて。(笑)

もう、ガンガン送ります。はい。

もう、神様みたいになっていますね。(笑)

いやいや、そんなことは。(笑)

何か受験に受かる神様みたいな。(笑)

でもなんか、こう~・・ね、直接的にこうやってやり取りできるのは嬉しいですね。

うん~。ね、初めてって方も多いんですね。

そうですね。
あの~、それこそメール見てても、まぁ、ずっと番組は続いていくものだから、
「いつか送ろう、いつか送ろう」って言って先延ばしにって言う方も沢山いらっしゃいましたし。


うん。「ここで!!」って言って、みんな送ってきてるでしょうし。
たぶん毎週送っているとそうでもないですけど、初めての時ってやっぱりちょっと勇気が。

いや。これね、相当緊張すると思うんですよ。
うん。

俺ね、ラジオとか聞いてて、自分でさすがに送ったことは無くて。
送ってみたいなとか、電話、生で電話できます、みたいなコーナーに
やってみたいなと思ったことはあるけど、けどそれも勇気いるじゃないですか。

文字色

行動に。

ねえ。

移すのは結構、やっぱ勇気いりますよね~、ファンはね~。

だから相当だと思いますよ。嬉しいですね、そう考えるとやっぱ。

で。それで読んで貰えたら本当良かったですね。

たくさん読めるようにしていきたいと思いますけど。

ねえ、出来るだけね。



え~、続いて、ラジオネーム〇〇さん。
「潤君、おはようございます。
(おはようございます)
この夏やり残した事。それはズバリ旅行です。
夫は日ごろから仕事が忙しく、加えて東日本大震災のボランティアも休日には行い。
それについてはとても理解しているつもりです。
でもそれはそれとして、夏の旅行を全くしないままで終わってしまいそうなんです。
今リビングの床で寝ている夫にどうか潤君から私を旅行に連れて行ってくれるように
どうかお願いして頂けないでしょうか。」

というラジオネーム〇〇さん。(笑)

え~、〇〇さんの旦那さんあの、お疲れ様です。
本当にボランティアもして、仕事もして大変な毎日だと思いますが、
家族も大事に、そして楽しい旅行を是非して頂きたいと思います。
夏に行けなくても秋でもいいので、もしよかったらどうでしょう。
・・・的な?(笑)


何でリビングで床に寝てるんだろう?ってな感じですけどね。(笑)
疲れちゃったのかな?

何か、土曜のこう~、だらっとしたい時間帯なんじゃないですか?

ん~、ダラダラしたいんですかねぇ~。

うん~。

ま、秋は食べ物が美味しいですからね~。

そうですね~。

何か温泉でも入って美味しいものでも食べに連れて行って欲しいですね。

そうですね。


温泉とか行くんですか?

温泉~・・は行かないですよ。
温泉に入りに温泉地にはあまり行かないですね。


そうか。ま、あまりイメージが沸かないですね。

何か行った所に温泉があったら入るは入りますけど。

何か高級なスパとかが何か一番。(笑)

いやいやいや。そんなことは無い。
全然そんなところは行かないですから(笑)


そうですか~。(笑)

どんなイメージなんですか、それ。(笑)

ちょっとイメージが。(笑)

そんなことないですよ、全然。
普通に居酒屋とかで友達とメシ食って。


あ、そうですか?

はい。



あ~、じゃちょっと、そんな潤君の素顔も限られた時間ながらちょっと色々ね。

そうですね。

聞いて行きたいなと思いますけども。そろそろ。

じゃあ曲行きますか?
何かちょっと押してるらしいので曲行きたいと思います。

え~、高崎市のラジオネーム〇〇さんからリクエストを貰いました。

「放送があと2回という事もあり、そこで今の季節にピッタリな曲である
嵐の『夏の終わりに思うこと』をリクエストさせて頂きたいと思いメールさせて頂きました。
この曲は私の中でも大好きな曲の中の一つでもあります。
恋したときに背中を押してくれる曲でもあるので、今恋をしていて、
この『JUN STYLE』を聞いている皆さんのためにもぜひお願いします。」

という事です。

え~、リクエスト頂きました。〇〇さんから。
嵐で『夏の終わりに思うこと』


嵐『夏の終わりに思うこと』



え~、嵐で『夏の終わりに思うこと』聞いてもらっていますが。
Nack5本社から生放送で松本潤と、


堀江ゆかりが

お送りしています。お送りしています。

え~、『JUN STYLE』でございます。
引き続きテーマ「あなたのこの夏のやり残し」について頂いたメールをご紹介していきます。

え~・・今日誕生日の〇〇さん。二十歳の方から頂きました。

「松本さんおはようございます。
(おはようございます。)
私は今日誕生日です。何と石川遼くんと一緒です。
私がこの夏やり残したことはゴルフです。
友達と打ちっ放しのゴルフに行きたいと言っていたんですけど、結局行けませんでした。
遼くんと同じ年。しかも生まれた日が全く一緒なのでゴルフをやるべきだと感じています。
松本さんはどう思いますか?」


凄いね、今日なんだ。おめでとうございます。

おめでとうございます。

今って事は今日って事でしょ。

そうです。

ゴルフが好きなのかな?

うん~。でもやっぱチャレンジしたら、もしかしたら自分の中に眠っている才能が
物凄い勢いで目覚めるかも知れないですよ。

ゴルフの?

(笑)この日に生まれた人にはゴルフの神様がいると思う。

そうなんですか?

まぁ~ちょっとこう・・。(笑)

そんなことないでしょう。(笑)

凄い適当なこと言いました。(笑)

それって誕生日で変わるでしょ。そしたらだって。

う~ん・・あ、そうか。みんなそうか。

みんなそうなっちゃいますよ。

凄い適当だった、ごめんなさい。(笑)

(笑)

ゴルフ、潤君は。

僕はゴルフ練習したんですけど。

「やれ」って言われるでしょ?周りから。

あの一緒に、前ドラマで共演させて頂いた佐藤浩市さんが凄いゴルフ上手で。

そうですよね。

一緒にやっている時に地方だったんですけど、
時間がたまたまちょこっと空いたんで打ちっ放しに行こうって言う話になって。
で、やり始めたのがきっかけだったんですけど。


はい。

そこから凄い練習したんですけど、
中々こう、ドラマとか他の作品に入っちゃって、また間が空いて。
で、また練習に戻るとまた一からのスタートになっちゃうんで
中々コースに出れなかったんで今また断念してますね。


いきなり出ちゃえばいいんじゃないですか?

いや、俺ね、前に一回出たことあるんですけど。
そしたらね、ひたすら半日走ってたんですよ。


あ~、なるほど。

で、その記憶があるんで次ゴルフやるんだったらちゃんと練習して、
自分がここに飛ばすって決めた所にある程度飛ぶようになってから、
ゴルフはちゃんとコースに出たいなと思ってるんですね。


あんまり、こう~・・ね、仕事も遊びもきっとちゃんと完璧に準備してって言うね。

あ~・・何て言うんですかね~。別に真面目にやりたい訳ではないんだけど。

やるなら真剣にやりたいって事ですね。

そうですね。あの教わってる人が教わってる人で、
みんな本気でやってる人なんで、やっぱそうなっちゃいますね。


ちょっと将来楽しみですね。

そうですね~。

じゃあ結構長くできますね。うん。

ね。長くやりたいと思うんですけど。



続いて行きますね。

はい。

じゃあ、ペンネーム〇〇さん。
「私が夏にやり残したことは夏休みの宿題です。
(もう夏休み終わってる。(笑))
(全然過ぎてますよ。17日ですよ、9月の。(笑))
(そうですよ~。(笑))
提出日前日に殆どやりましたが、未だに数学の夏休みワークが。
中3の受験生なんですが、これじゃ成績ガタ落ちですね。
ヤバイです。頑張ります。
潤君は夏休みの宿題はいつやっていましたか?教えてください。」

という事です。

僕はね~、小っちゃい頃はね、結構計画的にやっていましたね。

あ、7月からやっちゃう。

やりました。7月の始まってすぐ位にちょこっとやって、8月入ってちょこっと休憩して。
それこそ僕、8月の30日が誕生日なんで。


ええ。

誕生日は宿題やりたくないと思ってたから、その前になるべく終わらせるようにしてましたね。
で、まぁそれが小学校の頃で。中学の後半から高校くらいになるにつれ、
どんどんどんどん宿題をやるタイミングがずれてって、
最終的には宿題やっていく、「早く出せ」って言うのを諦めるまで出さなかったです。


あ、出さなかったのね。(笑)
段々大人になるに行くにしたがって。

そうですね。だけど結局やらなきゃいけないんだけど。
それこそ、あの~凄い変な話、その同じ同級生のノートが、
宿題が却ってきたのを見せて貰ってやる時もありました。(笑)


じゃ、彼女のメッセージ笑えないですね。(笑)

そうですね。僕も人の事は言えない。(笑)

同じかもしれない。(笑)

そうですね。(笑)
でもやった方が良いと思います。あのね、僕が言うのもなんですけど、そんな僕が。


ま、最終的にちゃんとやることが大事ですかね。

ね。自分に返ってくると思いますし。

ですね。今いいこと言いました。


続いて中野区のラジオネーム〇〇さん。男性の方ですね。
「松本くん、こんにちは。
(こんにちは。)
生放送大変ですが頑張ってください。
この夏やり残したことですが、夏祭りで彼女の浴衣姿を見れなかったことです。
彼女は浴衣を着るのが嫌いらしく、どんなに「浴衣を着てくれ」とお願いしても
着てくれませんでした。」


切ないね。

うん。プレゼントとかしたんですかね?

浴衣着るのが嫌な女性っているんですね。

あんまりね。ま、面倒くさいっていうのはあるのかも知れないですけどね。
でも結構テンション上がるものですけどね、浴衣着るとね。

僕もどっちかというとそういうイメージみんなこう・・ね、
花火の時とかお祭りの時とかにみんな着ているのかなと思ったんですけど。


ええ~。
彼女にしてみたら「誰もがみんな喜ぶと思うなよ」って言う感じなんですかね。(笑)

・・って言う事なんですかね。(笑)
〇〇さんの彼女でしょ~?「ふざけんなよ」って思ってるって事なんですかね?


かも知れないですよね。(笑)

いやでもね~、やっぱね~、男性としてはいいですよ。

浴衣。

浴衣。
あの~、昨日かな、何かテレビ見てたらそれこそ花火大会のやつをやってたんですけど。
それを見てて、あの~、みんな集まってくる人たちがね、浴衣を着ているのを見るだけでも
やっぱりなんかテンションあがるし、何故かニヤニヤしてしまう自分もいますし。


あ。そうなんですね。(笑)

あの~、それこそ隅田川かな、今年の。
その日にたまたま仕事で移動中に歩いている人を見たら浴衣の人が凄い多くて。
それだけでも一日幸せですもんね。見てるだけで。


あ~、そんな季節だな~って言うのを感じて。

そうですね。
ま、夏じゃないですか。夏の印象強いんで、だから着てほしいな~俺も。


もうその一言で着ますね、きっと。

いや、着ないでしょ。だから。(笑)

そのくらい効果あると思う。(笑)

何かさっきから受験受かるとか、着ると思うとかおかしいですよ。
もうそんな事ないですから。(笑)


いや、だって私の周り凄いご利益あると思いますから。(笑)

そんなことないですよ。



友人たちはあれですからね。
ゴメンナサイね、ちょっと話を挟ませて頂くと。

ああ、いえいえ全然。

あの年賀状に、今まで印刷しか書いて、あの・・よくもう決まった印刷しか書いてなくて。

ああ、はい。

一言書か無い人って多いじゃないですか。

うん。

何か数年前から凄い一言書いてくる人全部、
あの「潤君聞きました。一緒に前後でやってたんですね。」みたいな。

へえ~~。

とか。あと、仕事先の人が「うちの娘が聞いています。」とか。

へえ~~。

みんな謹賀新年と何か動物のマークしか無かったのに、いつの間に?!みたいな。(笑)
やっぱ潤君の力は凄いね!と。

いやいや、そんなことないですよ~。

いつも思っていました。

いえいえ、いえいえ。

話それちゃいましたね。

恐縮でございます。

もう一枚くらい行ってもいいですかね~?



はい。え~、塾講師の〇〇さんから頂きました。
「潤君、こんにちは。
(こんにちは。)
この夏やり損ねたのは本物のかき氷を食べることです。
かき氷アイスはよく買ってきて食べますが、
中々外でかき氷を食べることがここ何年もありません。
フラッペなどではなく、昔風のかき氷は懐かしくて美味しいです。
また来年食べられたらいいなと思います。
潤君、長い間お疲れ様でした。今までもこれからもずっと応援しています。頑張ってください。

という事です。

かき氷とか食べる機会とかあります?

ありますよ。

え、それは何かあの・・甘味処とかに行って。

とか、みたいな所に行って。

行く、行くんですか?

行きますよ。

甘味処に?松本潤君が。

甘味処は行かないか。(笑)
あの~、カフェとかでかき氷とかあると食べたりしますし。


え、何を食べます?かき氷。色々あるじゃないですか。

僕一番好きなのはブルーハワイですね。あと宇治金時。

あ、随分何か全然違う・・。

全然違う。(笑)
小っちゃい頃はブルーハワイで。最近何かこう、宇治金時みたいなのがいいなと思うんですよね。


あ、味覚も大人に。(笑)

大人になってきたんでしょうね。(笑)

なってきたんでしょうかね~。

うん。何かあずきとか凄く体を、体が、たまに欲す的な。

甘いものとか食べれる。

好きですね、僕。

ん~、和菓子と洋菓子。

どっちも好きです。どっちも好きです。
チョコレートとかも好きだし、アイスとかも好きだし、結構甘いものとかお菓子とかも、
「よく」は食べないかも知れないですけど何か欲しくなったりしますね。


疲れがとれる。

うん。リフレッシュできますね。

浴衣を着て、宇治金時のかき氷を食べてる潤君の姿を皆さん想像しましょう。

何でですか。(笑)

浴衣着ないのか。

浴衣がそうですね~。

あ、そうか。カフェだもんね、ごめんなさいね。
ちょっと浅草のちょっと何か。

や、分かります。分かります。

ちょっと想像しちゃいました。

着物とかも本当は着たいんですけど、着物着るとやっぱ目立つじゃないですか。
着物着てる人っているじゃないですか。
俺あんまりね、男の人で着物着てる人見たことないんですよ、町で。


たまにカップルで女の子に付き合わされて花火大会とかで着ている人とかいますよね。

あ~~。どう?堀江さん的にどうですか?
花火大会行くんだったら、まぁ自分は着るとして、そういう場合は男性に着てほしいですか?


いや、あんまり相手に着てほしくないですけど。

あ、そういうもんですか。

うん。

それは何でですか?

何か逆に、何か決まり過ぎててどうかなって言う・・。

あ、その二人が?

そうそうそうそう。何かさりげない方が良いかなって。
どうですかね?(笑)そのカップル見て。

いや、俺はいいと思いますよ。

あ、いいんだ。

楽しんでるんだなって言う感じがするし。
その、ま、分かんないですよ、男の人が嫌々なのか進んで着ているのか分かんないけど、
何か着てるの見ると、その花火大会に行きつつ、二人の世界観を楽しんでいるっていう感じが。


あ、じゃあ潤君、もし凄く好きな子が「着て。一緒に着て」って言ったら着ますかね。

「着て」って言われたら着ると思います。

あ~、優しい。

でも言われなかったら着ないと思います。

あ、自分からは着ない。

ん~、ちょっとね、そこまで頑張れないかな~って言う気がしますね。



あ、あれ、もう時間ですか。

時間ですね~。

まだいいじゃないか~。

(笑)

駄目なの?

気に入ってる。(笑)

駄目なのね。

CMに行きたいそうです。(笑)

分かりました。
みなさん、リアルタイムでもたくさんのメール本当にありがとうございました。
そして、沢山頂いたんですが、読めなかった方々すみません。
ではこの後エンディングです。一旦CMです。




嵐『always』

エンディングです。
今日のエンディングは嵐で『always』聞いて貰っています。


さあ、ということで、初めて『JUN STYLE』生放送でお送りさせて頂きましたが、
あっという間ですね。


早いですね、始まるとね。

早いね~、30分。まだいいじゃないかぁ!駄目なの?

もう、何だったらずっといて頂いてもいいですけどね。

もう~何か寂しいな~って感じですけど。え~、楽しかったです。
堀江さんに。あの無事終わることが出来そうですが、ありがとうございました。


そうですね、何もできなかったですが、ありがとうございました。

いえいえ、そんな。心強かったです。


え~、ではここで番組からのお知らせです。
この後、来週の最終回分をですね、収録するんです。
そこでみなさん、良かったらメールをください。
堀江さんとの掛け合いの感想でもいいですし、
9年間の『JUN STYLE』の思い出など、何でもOKです。お待ちしております。

(お便り 宛先略)



あ、もう終わっちゃうよ。


終わっちゃいます。あと15秒ですよ~。

あっという間だ。楽しかったな~。

ちょっと、もうちょっといて頂きたいので~。

ねえ。

もうちょっと・・。

いるかな?

一応「さよなら」で。

はい。

またまた登場しまーす。



『エキサイティングサタデー』枠


「バイバイ」って言えてなかったから。


いや、あっという間でしたね~、本当に。


ね、始まると早い。

早いですね~、止まんないって言うのは。

生放送楽しいですよね。

楽しいですね。

やっちゃいますか!!!

いやいや、今日は~?どうなの~?(笑)

きっとね、電話して「松本潤です」、Nack5に。

はい。

で。「これから生放送やりたいんだけど、午後1時間空けといて」って。(笑)

そんな訳ないじゃないですか。(笑)

予約じゃないんだから。(笑)


という事で、先ほどお話には出てないのかな?
来週最終回の収録をするって話しましたっけ?

あ、さっきしましたよ。

しましたっけ。あ、ごめんなさい。聞いてなかったのかな、私。(笑)

今日ですね、この後。

そうですね、この後最終回分の。

はい、最終回の収録を。

もう、ラストですね。収録をするという事で、あの、実は今でしたら、
まだメールは間に合いますので、今送っていただいたら、もうダイレクトに潤君に届きます。

ダイレクトって、ま、Nack5は経由しますけど。

そのまま、もう直ですよ。
今送ったら、今見て貰えるかも知れないという。

あの、本当に。

中々ありませんので。

始まってからも沢山頂いているので。
あの、ちょっと堀江さん、今生放送中にメールがあったので一枚ご紹介していいですか。


はい。

ラジオネーム〇〇さん。
「潤君、おはようございます。
(おはようございます。)
朝から潤君の声が聞けて本当に嬉しいです。
堀江さんと潤君の初コラボレーション聞いていて、微笑ましくもあり、凄く嬉しいです。
初対面なのに掛け合いが凄くスムーズでウキウキします。」



あ~、よかった。スムーズに聞こえて頂いていて良かったですね。

良かったですね。

本当に朝から緊張していたんですよ。

何でですか?

あ~、やっぱりそれは誰でも緊張しますよ、このビッグスターを前に。

いやいやいや、そんなとんでもない。ただの小僧ですよ。

天気予報の原稿を書いていて、最高気温30%って書いてましたから。(笑)

最高気温30%(笑)

そのくらい舞い上がっている。(笑)

全然、何か意外ですけどね。
僕あの、ここ来るまで、家からNack5聞いてきたんですけど。


あ、そうなんですか?

はい、全然そんな感じしなかったですよ。

いや、それはスタッフがうまくカバーしてくれているんですよ。優秀なスタッフなので。

俺ね、「ゼロ300(サンビャク)」って言うのが好きですね。

え?あ、「03」。(笑)

「0865~」
俺は「0300(ゼロサンゼロゼロ)」ってずっと言ってたんですけど、
「ゼロ300」って言うのが、あのツボでした。(笑)


じゃあ最終回ちょっと「ゼロ300」って。(笑)

はい。(笑)



え~、という事で。
先ほどね、ごめんなさい。途中になっちゃったんですけども。
最終回の収録をするので、『JUN STYLE』の思い出とか、生放送の今日のね、
感想などメールで頂けたらと思います。

(おたより 宛先略)

はい。


さて、ここで、私だけじゃないと思うんですけど、気になってる事があると思います。

はい。

秋からの『JUN STYLE』の時間、一体どうなるのでしょうか?!

どうなるんでしょうか。

どうなるのでしょうか?

え~、勿論来週、再来週からですか。

そうなんですよ。

からなので、もう決まっています。
あの~、僕の後輩のですね、KAT-TUNの亀梨和也くんが担当することになりました。


亀梨くんなんですね~。

はい。嬉しそうですね。(笑)

『JUN STYLE』終わるって聞いた時は物凄く落ち込んだんですけど、
亀梨くんって聞いて凄い回復した。(笑)

(笑)

もうかなり、すいません。(笑)

いえいえいえ。

なんて美しいラインナップ、ねえ。

(笑)

松本潤くんから亀梨くんって凄いですね。

どういう番組になるのか僕もちょっと分からないですけども。
あの~、是非、亀のこともよろしくお願いします。


宜しくお願いします。
あの、嵐のファンの皆さんも、ぜひよろしくお願いします。

そうですね。今後とも。

引き続き聞いて頂きたいですね。

宜しくお願いします。

はい。


ということで。
え~、お知らせは以上で、大体大丈夫ですかね。
あとはこれからの番組をやっぱり収録するという事で。

うん。

ま、ラストですから。みなさんどんどんどんどんメール送って頂きたいので。
宜しくお願いします。


そしてKAT-TUNから、こちら亀梨くんが登場する再来週・・。

そうですね。再来週。

・・の方にも是非メッセージを。

何か来週ですか、番組の収録、1回目の収録するらしいですよ。

はい。なので、問題のメールとか、企画の提案とか送って頂けると、これ嬉しい。
あの、やっぱり始めた時って嬉しいですよね。

嬉しいですね。
何かあの~、新しく店開いた時に花輪が送られてくるような、何か。


あ~、そのお祝いの。(笑)

そうそうそう。(笑)

出来るだけ豪華な花を、ぜひ。再来週からの亀梨くんの番組にもお願いしたいと思います。
ちなみに、みなさんと電話で話すコーナーをやりたい。
本当にこんなこと仰っていたんでしょうか。

言ってたみたいですよ。

そうなんですか。

うん。

じゃ、もしよかったらあなたの電話番号。
特に亀梨くんと話したい内容など送ってみてはどうでしょうか。
いきなりこんなことをやってしまう。ね。

何か面白いですよ。


(おたより 宛先略)



堀江さん野球好きなんですか?

あ、好きです。ヤクルトファンで。
実は本当に申し訳ないんですが、この前、あの~、ね、嵐のコンサート国立でやった時。

はい。

隣、神宮球場で野球を。

やってましたよね。

はい。あれ見て、ちょっとだけ花火を。

文字色


友人たちはあれですからね。
ゴメンナサイね、ちょっと話を挟ませて頂くと。

ああ、いえいえ全然。

あの年賀状に、今まで印刷しか書いて、あの・・よくもう決まった印刷しか書いてなくて。

ああ、はい。

一言書か無い人って多いじゃないですか。

うん。

何か数年前から凄い一言書いてくる人全部、
あの「潤君聞きました。一緒に前後でやってたんですね。」みたいな。

へえ~~。

とか。あと、仕事先の人が「うちの娘が聞いています。」とか。

へえ~~。

みんな謹賀新年と何か動物のマークしか無かったのに、いつの間に?!みたいな。(笑)
やっぱ潤君の力は凄いね!と。

いやいや、そんなことないですよ~。

いつも思っていました。

いえいえ、いえいえ。

話それちゃいましたね。

恐縮でございます。

もう一枚くらい行ってもいいですかね~?



はい。え~、塾講師の〇〇さんから頂きました。
「潤君、こんにちは。
(こんにちは。)
この夏やり損ねたのは本物のかき氷を食べることです。
かき氷アイスはよく買ってきて食べますが、
中々外でかき氷を食べることがここ何年もありません。
フラッペなどではなく、昔風のかき氷は懐かしくて美味しいです。
また来年食べられたらいいなと思います。
潤君、長い間お疲れ様でした。今までもこれからもずっと応援しています。頑張ってください。

という事です。

かき氷とか食べる機会とかあります?

ありますよ。

え、それは何かあの・・甘味処とかに行って。

とか、みたいな所に行って。

行く、行くんですか?

行きますよ。

甘味処に?松本潤君が。

甘味処は行かないか。(笑)
あの~、カフェとかでかき氷とかあると食べたりしますし。


え、何を食べます?かき氷。色々あるじゃないですか。

僕一番好きなのはブルーハワイですね。あと宇治金時。

あ、随分何か全然違う・・。

全然違う。(笑)
小っちゃい頃はブルーハワイで。最近何かこう、宇治金時みたいなのがいいなと思うんですよね。


あ、味覚も大人に。(笑)

大人になってきたんでしょうね。(笑)

なってきたんでしょうかね~。

うん。何かあずきとか凄く体を、体が、たまに欲す的な。

甘いものとか食べれる。

好きですね、僕。

ん~、和菓子と洋菓子。

どっちも好きです。どっちも好きです。
チョコレートとかも好きだし、アイスとかも好きだし、結構甘いものとかお菓子とかも、
「よく」は食べないかも知れないですけど何か欲しくなったりしますね。


疲れがとれる。

うん。リフレッシュできますね。

浴衣を着て、宇治金時のかき氷を食べてる潤君の姿を皆さん想像しましょう。

何でですか。(笑)

浴衣着ないのか。

浴衣がそうですね~。

あ、そうか。カフェだもんね、ごめんなさいね。
ちょっと浅草のちょっと何か。

や、分かります。分かります。

ちょっと想像しちゃいました。

着物とかも本当は着たいんですけど、着物着るとやっぱ目立つじゃないですか。
着物着てる人っているじゃないですか。
俺あんまりね、男の人で着物着てる人見たことないんですよ、町で。


たまにカップルで女の子に付き合わされて花火大会とかで着ている人とかいますよね。

あ~~。どう?堀江さん的にどうですか?
花火大会行くんだったら、まぁ自分は着るとして、そういう場合は男性に着てほしいですか?


いや、あんまり相手に着てほしくないですけど。

あ、そういうもんですか。

うん。

それは何でですか?

何か逆に、何か決まり過ぎててどうかなって言う・・。

あ、その二人が?

そうそうそうそう。何かさりげない方が良いかなって。
どうですかね?(笑)そのカップル見て。

いや、俺はいいと思いますよ。

あ、いいんだ。

楽しんでるんだなって言う感じがするし。
その、ま、分かんないですよ、男の人が嫌々なのか進んで着ているのか分かんないけど、
何か着てるの見ると、その花火大会に行きつつ、二人の世界観を楽しんでいるっていう感じが。


あ、じゃあ潤君、もし凄く好きな子が「着て。一緒に着て」って言ったら着ますかね。

「着て」って言われたら着ると思います。

あ~、優しい。

でも言われなかったら着ないと思います。

あ、自分からは着ない。

ん~、ちょっとね、そこまで頑張れないかな~って言う気がしますね。



あ、あれ、もう時間ですか。

時間ですね~。

まだいいじゃないか~。

(笑)

駄目なの?

気に入ってる。(笑)

駄目なのね。

CMに行きたいそうです。(笑)

分かりました。
みなさん、リアルタイムでもたくさんのメール本当にありがとうございました。
そして、沢山頂いたんですが、読めなかった方々すみません。
ではこの後エンディングです。一旦CMです。




嵐『always』

エンディングです。
今日のエンディングは嵐で『always』聞いて貰っています。


さあ、ということで、初めて『JUN STYLE』生放送でお送りさせて頂きましたが、
あっという間ですね。


早いですね、始まるとね。

早いね~、30分。まだいいじゃないかぁ!駄目なの?

もう、何だったらずっといて頂いてもいいですけどね。

もう~何か寂しいな~って感じですけど。え~、楽しかったです。
堀江さんに。あの無事終わることが出来そうですが、ありがとうございました。


そうですね、何もできなかったですが、ありがとうございました。

いえいえ、そんな。心強かったです。


え~、ではここで番組からのお知らせです。
この後、来週の最終回分をですね、収録するんです。
そこでみなさん、良かったらメールをください。
堀江さんとの掛け合いの感想でもいいですし、
9年間の『JUN STYLE』の思い出など、何でもOKです。お待ちしております。

(お便り 宛先略)



あ、もう終わっちゃうよ。


終わっちゃいます。あと15秒ですよ~。

あっという間だ。楽しかったな~。

ちょっと、もうちょっといて頂きたいので~。

ねえ。

もうちょっと・・。

いるかな?

一応「さよなら」で。

はい。

またまた登場しまーす。



『エキサイティングサタデー』枠


「バイバイ」って言えてなかったから。


いや、あっという間でしたね~、本当に。


ね、始まると早い。

早いですね~、止まんないって言うのは。

生放送楽しいですよね。

楽しいですね。

やっちゃいますか!!!

いやいや、今日は~?どうなの~?(笑)

きっとね、電話して「松本潤です」、Nack5に。

はい。

で。「これから生放送やりたいんだけど、午後1時間空けといて」って。(笑)

そんな訳ないじゃないですか。(笑)

予約じゃないんだから。(笑)


という事で、先ほどお話には出てないのかな?
来週最終回の収録をするって話しましたっけ?

あ、さっきしましたよ。

しましたっけ。あ、ごめんなさい。聞いてなかったのかな、私。(笑)

今日ですね、この後。

そうですね、この後最終回分の。

はい、最終回の収録を。

もう、ラストですね。収録をするという事で、あの、実は今でしたら、
まだメールは間に合いますので、今送っていただいたら、もうダイレクトに潤君に届きます。

ダイレクトって、ま、Nack5は経由しますけど。

そのまま、もう直ですよ。
今送ったら、今見て貰えるかも知れないという。

あの、本当に。

中々ありませんので。

始まってからも沢山頂いているので。
あの、ちょっと堀江さん、今生放送中にメールがあったので一枚ご紹介していいですか。


はい。

ラジオネーム〇〇さん。
「潤君、おはようございます。
(おはようございます。)
朝から潤君の声が聞けて本当に嬉しいです。
堀江さんと潤君の初コラボレーション聞いていて、微笑ましくもあり、凄く嬉しいです。
初対面なのに掛け合いが凄くスムーズでウキウキします。」



あ~、よかった。スムーズに聞こえて頂いていて良かったですね。

良かったですね。

本当に朝から緊張していたんですよ。

何でですか?

あ~、やっぱりそれは誰でも緊張しますよ、このビッグスターを前に。

いやいやいや、そんなとんでもない。ただの小僧ですよ。

天気予報の原稿を書いていて、最高気温30%って書いてましたから。(笑)

最高気温30%(笑)

そのくらい舞い上がっている。(笑)

全然、何か意外ですけどね。
僕あの、ここ来るまで、家からNack5聞いてきたんですけど。


あ、そうなんですか?

はい、全然そんな感じしなかったですよ。

いや、それはスタッフがうまくカバーしてくれているんですよ。優秀なスタッフなので。

俺ね、「ゼロ300(サンビャク)」って言うのが好きですね。

え?あ、「03」。(笑)

「0865~」
俺は「0300(ゼロサンゼロゼロ)」ってずっと言ってたんですけど、
「ゼロ300」って言うのが、あのツボでした。(笑)


じゃあ最終回ちょっと「ゼロ300」って。(笑)

はい。(笑)



え~、という事で。
先ほどね、ごめんなさい。途中になっちゃったんですけども。
最終回の収録をするので、『JUN STYLE』の思い出とか、生放送の今日のね、
感想などメールで頂けたらと思います。

(おたより 宛先略)

はい。


さて、ここで、私だけじゃないと思うんですけど、気になってる事があると思います。

はい。

秋からの『JUN STYLE』の時間、一体どうなるのでしょうか?!

どうなるんでしょうか。

どうなるのでしょうか?

え~、勿論来週、再来週からですか。

そうなんですよ。

からなので、もう決まっています。
あの~、僕の後輩のですね、KAT-TUNの亀梨和也くんが担当することになりました。


亀梨くんなんですね~。

はい。嬉しそうですね。(笑)

『JUN STYLE』終わるって聞いた時は物凄く落ち込んだんですけど、
亀梨くんって聞いて凄い回復した。(笑)

(笑)

もうかなり、すいません。(笑)

いえいえいえ。

なんて美しいラインナップ、ねえ。

(笑)

松本潤くんから亀梨くんって凄いですね。

どういう番組になるのか僕もちょっと分からないですけども。
あの~、是非、亀のこともよろしくお願いします。


宜しくお願いします。
あの、嵐のファンの皆さんも、ぜひよろしくお願いします。

そうですね。今後とも。

引き続き聞いて頂きたいですね。

宜しくお願いします。

はい。


ということで。
え~、お知らせは以上で、大体大丈夫ですかね。
あとはこれからの番組をやっぱり収録するという事で。

うん。

ま、ラストですから。みなさんどんどんどんどんメール送って頂きたいので。
宜しくお願いします。


そしてKAT-TUNから、こちら亀梨くんが登場する再来週・・。

そうですね。再来週。

・・の方にも是非メッセージを。

何か来週ですか、番組の収録、1回目の収録するらしいですよ。

はい。なので、問題のメールとか、企画の提案とか送って頂けると、これ嬉しい。
あの、やっぱり始めた時って嬉しいですよね。

嬉しいですね。
何かあの~、新しく店開いた時に花輪が送られてくるような、何か。


あ~、そのお祝いの。(笑)

そうそうそう。(笑)

出来るだけ豪華な花を、ぜひ。再来週からの亀梨くんの番組にもお願いしたいと思います。
ちなみに、みなさんと電話で話すコーナーをやりたい。
本当にこんなこと仰っていたんでしょうか。

言ってたみたいですよ。

そうなんですか。

うん。

じゃ、もしよかったらあなたの電話番号。
特に亀梨くんと話したい内容など送ってみてはどうでしょうか。
いきなりこんなことをやってしまう。ね。

何か面白いですよ。

(おたより 宛先略)



堀江さん野球好きなんですか?


あ、好きです。ヤクルトファンで。

実は本当に申し訳ないんですけど、この間あの~、ね、嵐のコンサート、国立でやった。

はい。




友人たちはあれですからね。
ゴメンナサイね、ちょっと話を挟ませて頂くと。

ああ、いえいえ全然。

あの年賀状に、今まで印刷しか書いて、あの・・よくもう決まった印刷しか書いてなくて。

ああ、はい。

一言書か無い人って多いじゃないですか。

うん。

何か数年前から凄い一言書いてくる人全部、
あの「潤君聞きました。一緒に前後でやってたんですね。」みたいな。

へえ~~。

とか。あと、仕事先の人が「うちの娘が聞いています。」とか。

へえ~~。

みんな謹賀新年と何か動物のマークしか無かったのに、いつの間に?!みたいな。(笑)
やっぱ潤君の力は凄いね!と。

いやいや、そんなことないですよ~。

いつも思っていました。

いえいえ、いえいえ。

話それちゃいましたね。

恐縮でございます。

もう一枚くらい行ってもいいですかね~?



はい。え~、塾講師の〇〇さんから頂きました。
「潤君、こんにちは。
(こんにちは。)
この夏やり損ねたのは本物のかき氷を食べることです。
かき氷アイスはよく買ってきて食べますが、
中々外でかき氷を食べることがここ何年もありません。
フラッペなどではなく、昔風のかき氷は懐かしくて美味しいです。
また来年食べられたらいいなと思います。
潤君、長い間お疲れ様でした。今までもこれからもずっと応援しています。頑張ってください。

という事です。

かき氷とか食べる機会とかあります?

ありますよ。

え、それは何かあの・・甘味処とかに行って。

とか、みたいな所に行って。

行く、行くんですか?

行きますよ。

甘味処に?松本潤君が。

甘味処は行かないか。(笑)
あの~、カフェとかでかき氷とかあると食べたりしますし。


え、何を食べます?かき氷。色々あるじゃないですか。

僕一番好きなのはブルーハワイですね。あと宇治金時。

あ、随分何か全然違う・・。

全然違う。(笑)
小っちゃい頃はブルーハワイで。最近何かこう、宇治金時みたいなのがいいなと思うんですよね。


あ、味覚も大人に。(笑)

大人になってきたんでしょうね。(笑)

なってきたんでしょうかね~。

うん。何かあずきとか凄く体を、体が、たまに欲す的な。

甘いものとか食べれる。

好きですね、僕。

ん~、和菓子と洋菓子。

どっちも好きです。どっちも好きです。
チョコレートとかも好きだし、アイスとかも好きだし、結構甘いものとかお菓子とかも、
「よく」は食べないかも知れないですけど何か欲しくなったりしますね。


疲れがとれる。

うん。リフレッシュできますね。

浴衣を着て、宇治金時のかき氷を食べてる潤君の姿を皆さん想像しましょう。

何でですか。(笑)

浴衣着ないのか。

浴衣がそうですね~。

あ、そうか。カフェだもんね、ごめんなさいね。
ちょっと浅草のちょっと何か。

や、分かります。分かります。

ちょっと想像しちゃいました。

着物とかも本当は着たいんですけど、着物着るとやっぱ目立つじゃないですか。
着物着てる人っているじゃないですか。
俺あんまりね、男の人で着物着てる人見たことないんですよ、町で。


たまにカップルで女の子に付き合わされて花火大会とかで着ている人とかいますよね。

あ~~。どう?堀江さん的にどうですか?
花火大会行くんだったら、まぁ自分は着るとして、そういう場合は男性に着てほしいですか?


いや、あんまり相手に着てほしくないですけど。

あ、そういうもんですか。

うん。

それは何でですか?

何か逆に、何か決まり過ぎててどうかなって言う・・。

あ、その二人が?

そうそうそうそう。何かさりげない方が良いかなって。
どうですかね?(笑)そのカップル見て。

いや、俺はいいと思いますよ。

あ、いいんだ。

楽しんでるんだなって言う感じがするし。
その、ま、分かんないですよ、男の人が嫌々なのか進んで着ているのか分かんないけど、
何か着てるの見ると、その花火大会に行きつつ、二人の世界観を楽しんでいるっていう感じが。


あ、じゃあ潤君、もし凄く好きな子が「着て。一緒に着て」って言ったら着ますかね。

「着て」って言われたら着ると思います。

あ~、優しい。

でも言われなかったら着ないと思います。

あ、自分からは着ない。

ん~、ちょっとね、そこまで頑張れないかな~って言う気がしますね。



あ、あれ、もう時間ですか。

時間ですね~。

まだいいじゃないか~。

(笑)

駄目なの?

気に入ってる。(笑)

駄目なのね。

CMに行きたいそうです。(笑)

分かりました。
みなさん、リアルタイムでもたくさんのメール本当にありがとうございました。
そして、沢山頂いたんですが、読めなかった方々すみません。
ではこの後エンディングです。一旦CMです。




嵐『always』

エンディングです。
今日のエンディングは嵐で『always』聞いて貰っています。


さあ、ということで、初めて『JUN STYLE』生放送でお送りさせて頂きましたが、
あっという間ですね。


早いですね、始まるとね。

早いね~、30分。まだいいじゃないかぁ!駄目なの?

もう、何だったらずっといて頂いてもいいですけどね。

もう~何か寂しいな~って感じですけど。え~、楽しかったです。
堀江さんに。あの無事終わることが出来そうですが、ありがとうございました。


そうですね、何もできなかったですが、ありがとうございました。

いえいえ、そんな。心強かったです。


え~、ではここで番組からのお知らせです。
この後、来週の最終回分をですね、収録するんです。
そこでみなさん、良かったらメールをください。
堀江さんとの掛け合いの感想でもいいですし、
9年間の『JUN STYLE』の思い出など、何でもOKです。お待ちしております。

(お便り 宛先略)



あ、もう終わっちゃうよ。


終わっちゃいます。あと15秒ですよ~。

あっという間だ。楽しかったな~。

ちょっと、もうちょっといて頂きたいので~。

ねえ。

もうちょっと・・。

いるかな?

一応「さよなら」で。

はい。

またまた登場しまーす。



『エキサイティングサタデー』枠


「バイバイ」って言えてなかったから。


いや、あっという間でしたね~、本当に。


ね、始まると早い。

早いですね~、止まんないって言うのは。

生放送楽しいですよね。

楽しいですね。

やっちゃいますか!!!

いやいや、今日は~?どうなの~?(笑)

きっとね、電話して「松本潤です」、Nack5に。

はい。

で。「これから生放送やりたいんだけど、午後1時間空けといて」って。(笑)

そんな訳ないじゃないですか。(笑)

予約じゃないんだから。(笑)


という事で、先ほどお話には出てないのかな?
来週最終回の収録をするって話しましたっけ?

あ、さっきしましたよ。

しましたっけ。あ、ごめんなさい。聞いてなかったのかな、私。(笑)

今日ですね、この後。

そうですね、この後最終回分の。

はい、最終回の収録を。

もう、ラストですね。収録をするという事で、あの、実は今でしたら、
まだメールは間に合いますので、今送っていただいたら、もうダイレクトに潤君に届きます。

ダイレクトって、ま、Nack5は経由しますけど。

そのまま、もう直ですよ。
今送ったら、今見て貰えるかも知れないという。

あの、本当に。

中々ありませんので。

始まってからも沢山頂いているので。
あの、ちょっと堀江さん、今生放送中にメールがあったので一枚ご紹介していいですか。


はい。

ラジオネーム〇〇さん。
「潤君、おはようございます。
(おはようございます。)
朝から潤君の声が聞けて本当に嬉しいです。
堀江さんと潤君の初コラボレーション聞いていて、微笑ましくもあり、凄く嬉しいです。
初対面なのに掛け合いが凄くスムーズでウキウキします。」



あ~、よかった。スムーズに聞こえて頂いていて良かったですね。

良かったですね。

本当に朝から緊張していたんですよ。

何でですか?

あ~、やっぱりそれは誰でも緊張しますよ、このビッグスターを前に。

いやいやいや、そんなとんでもない。ただの小僧ですよ。

天気予報の原稿を書いていて、最高気温30%って書いてましたから。(笑)

最高気温30%(笑)

そのくらい舞い上がっている。(笑)

全然、何か意外ですけどね。
僕あの、ここ来るまで、家からNack5聞いてきたんですけど。


あ、そうなんですか?

はい、全然そんな感じしなかったですよ。

いや、それはスタッフがうまくカバーしてくれているんですよ。優秀なスタッフなので。

俺ね、「ゼロ300(サンビャク)」って言うのが好きですね。

え?あ、「03」。(笑)

「0865~」
俺は「0300(ゼロサンゼロゼロ)」ってずっと言ってたんですけど、
「ゼロ300」って言うのが、あのツボでした。(笑)


じゃあ最終回ちょっと「ゼロ300」って。(笑)

はい。(笑)



え~、という事で。
先ほどね、ごめんなさい。途中になっちゃったんですけども。
最終回の収録をするので、『JUN STYLE』の思い出とか、生放送の今日のね、
感想などメールで頂けたらと思います。

(おたより 宛先略)

はい。


さて、ここで、私だけじゃないと思うんですけど、気になってる事があると思います。

はい。

秋からの『JUN STYLE』の時間、一体どうなるのでしょうか?!

どうなるんでしょうか。

どうなるのでしょうか?

え~、勿論来週、再来週からですか。

そうなんですよ。

からなので、もう決まっています。
あの~、僕の後輩のですね、KAT-TUNの亀梨和也くんが担当することになりました。


亀梨くんなんですね~。

はい。嬉しそうですね。(笑)

『JUN STYLE』終わるって聞いた時は物凄く落ち込んだんですけど、
亀梨くんって聞いて凄い回復した。(笑)

(笑)

もうかなり、すいません。(笑)

いえいえいえ。

なんて美しいラインナップ、ねえ。

(笑)

松本潤くんから亀梨くんって凄いですね。

どういう番組になるのか僕もちょっと分からないですけども。
あの~、是非、亀のこともよろしくお願いします。


宜しくお願いします。
あの、嵐のファンの皆さんも、ぜひよろしくお願いします。

そうですね。今後とも。

引き続き聞いて頂きたいですね。

宜しくお願いします。

はい。


ということで。
え~、お知らせは以上で、大体大丈夫ですかね。
あとはこれからの番組をやっぱり収録するという事で。

うん。

ま、ラストですから。みなさんどんどんどんどんメール送って頂きたいので。
宜しくお願いします。


そしてKAT-TUNから、こちら亀梨くんが登場する再来週・・。

そうですね。再来週。

・・の方にも是非メッセージを。

何か来週ですか、番組の収録、1回目の収録するらしいですよ。

はい。なので、問題のメールとか、企画の提案とか送って頂けると、これ嬉しい。
あの、やっぱり始めた時って嬉しいですよね。

嬉しいですね。
何かあの~、新しく店開いた時に花輪が送られてくるような、何か。


あ~、そのお祝いの。(笑)

そうそうそう。(笑)

出来るだけ豪華な花を、ぜひ。再来週からの亀梨くんの番組にもお願いしたいと思います。
ちなみに、みなさんと電話で話すコーナーをやりたい。
本当にこんなこと仰っていたんでしょうか。

言ってたみたいですよ。

そうなんですか。

うん。

じゃ、もしよかったらあなたの電話番号。
特に亀梨くんと話したい内容など送ってみてはどうでしょうか。
いきなりこんなことをやってしまう。ね。

何か面白いですよ。

(おたより 宛先略)



堀江さん野球好きなんですか?

あ、好きです。ヤクルトファンで。
実は本当に申し訳ないんですけど、この間あの~、嵐のコンサート、国立でやってた時。

ああ、はい。

隣、神宮球場で野球を。

野球やってましたよね。

はい。あれを見て、ちょっとだけ花火を。

あ~、そうなんですか。

ちらっと。

丁度その日?

そうですよ。嵐が嵐を呼んだって言う。(笑)

3日に。

そうですよ、3日に行っていて。

野球見てたんだ。

野球見てたんですよ。

土砂降りだったでしょ。

土砂降りで、あのカッパ着ながら。

へえ~。そんな好きなんですね。

そうです。

雨の日見るってよっぽどじゃないですか、だって。

けど、結構みんな野球ファンの方は雨に打たれても見てて。
で、結構やっぱり、「あ、嵐だ」って、「綺麗だな」って、結構みんな喜んで見ていましたよ。
盛り上がっていましたよ。

え、それって音とか聞こえるんですか?

あの花火は見えましたけど、音はちょっと。

音は聞こえない。

やっぱりこっちも煩かったんで。

そう、何かね、俺何年か目にもやってた時に、花火の音がデカすぎて、
何かね、1回ね、その野球場で選手が若干エラーしたって言う。


ええっ!?ビックリして?

そうそうそう。

つるっと。(笑)

っていう話がある。

そんな事があるんですね~。
や、でも、神宮球場「や、さすが嵐だね~」って、
こう盛り上がって、ちょっと得した気がしましたね。

いやいやいや。

野球見ながら。

嬉しいですね、そんな。
本当は俺も神宮行こうと思ってたんですけど、行けなかったんですよ。


あ、野球ご覧になるになるんだ。

昔ずっと野球やってて。

あ~、そうなんですか。

そうなんです。小学校の頃とかやってて、ちっちゃい頃とか野球見てて、
それこそヤクルトもその頃行ってたし。


ええ。

古田選手がいる頃とか。

あ、野球少年だったんですね。

そうなんですよ。最近全然観に行けてないんで。
あの~、それこそ球場行って、ビール飲みながら見るっていう経験はまだないんですよ。


あ~、あれ最高ですよ。夏のね、最高ですよ。

大人になってからそういうのをやりたいんですよ。


さて、このコーナーもあと30秒になってしまいましたけども。

はい。

でも埼玉というと、潤君今度ね、舞台もやりますからね。

はい。10月の29日からやります。お稽古です。

お稽古に入って埼玉にも足しげく通うようになるという事で。

はい。

少なからず、こう~何か縁があるな、と言う気がね、勝手にね。(笑)

そうですね。

このNack5ともね。



という事で、本当に楽しかったです。

本当ですよ。こちらこそありがとうございまいた。

ありがとうございました。
この後ね、最後の収録という事で。

はい。

最終回もみなさんも、私たちも楽しみにしていますので。

はい。ありがとうございます。

なので、収録の方も頑張ってください。
ありがとうございました。

ありがとうございまいた。

嵐の松本潤さんでした。

バイバ~イ♪


(完了)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。