◇のんびりいこうよ◇                                                                                                                シロが嵐ごとメインに好きにつぶやいてます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月20日 (水) | 編集 |
FC2さん、さっきもサーバーエラーで・・。
最近本当エラーが多すぎる。何故に?
別にここ数日で急にユーザーが増えた訳でも無かろうに・・。


では、ラジオ「ムテキの相葉クン!」レポ後半です。

以下、レポ続きます~



(さて、続いてのコーナーなんですけど。相葉君の一押しの「ムテキ」を選んで頂きたいと思います。)
ほお。
(例えば影響を受けた音楽で、これは「ムテキ」だと言うものありますか?)
僕は一番最初にライブを観に行ったのが小学校6年生の時なんですけど。
(はい)
えっとね、ダイアナ・キングを観に行ったんですよ。
(またカッコイイとこに小学生が入ったんですね。レゲエ。)
赤坂BLITZにうちの母親と二人で。かあちゃんがダイアナ・キング好きで。
(ええ)
で、日本に来ると。で、赤坂に来るから「行くよ」って言われて、「2枚チケット取ったから行こう」って行ったのが一番最初のライブだったのね。「シャイガイ」って曲があって。
(あっ、日本でまた人気出ましたしね~)
ありましたよね~。あの時期、超流行ったじゃないですか。
(はい)
あれを生で観て「すげえな!」って。ダイアナ・キング凄かったです。
(へえ~)
あと日本の公演だからきっとサービスでやってくれたんでしょうけど、「上を向いて歩こう」をやってくれたんです、日本語で。
(うん)
それもちょっと凄いなって言う。髪型もやっぱ凄かったよ。大仏みたいな。(笑)
(ああ、そうチリチリっとねえ。でも綺麗な方でね。)
そう、綺麗でね。パワフルでしたね。
(ライブの入り口がダイアナ・キングってのはちょっと衝撃。カッコイイ。)


(ちょっとお聞き頂きましょうか。)
じゃ、聞いて下さい。ダイアナ・キングで「シャイガイ」


♪ ダイアナ・キング「シャイガイ」

((CM))


(さ、今日はスペシャルプログラム『ムテキの相葉クン!』をお送りしております。)
はい。
(相葉ヒストリーの中での「ムテキ」今度はですね、思い出の中に残る「ムテキ」のヒーローについて。)
ヒーローですね。
(相葉君の好きな「ムテキ」のヒーロー。)
小学校の時に良く見てたのは「キン肉マン」
(「キン肉マン」!)
ま、再放送とかだったんですけどね。ビデオとか借りて、おお~!
(流れてきましたよ~)
懐かしい!
(ねえ。)
これはね、俺ね、ビデオ屋でね、よく借りて見てましたね。「キン肉マン」は。
(私も大好きだった~)
あのさ、あの情けない感じね、キン肉スグルの。
(そう!)
あのいざとなったら下からプシュン!て出てくるでしょ。
(あれカッコイイですよね~)
あの赤いのね、口の前に
(そうなの~)
出てきて。
(おならで飛んでるとは思えない。)
そうそうそう。(笑)
(ははっ)
牛丼大好きなね。
(そうそう。あと私ウォーズマンが死んだ時、本当に辛かったんです。)
え?これジャストですか?
(たぶん私ジャストだと思うんですよ。)
あ、そうなんだ。
(あの崖みたいなのにウォーズマンが落ちてきたの。)
あ~・・・
(ちょっと古い?大丈夫かな? 笑)
いや、面白かったですね。
あと映画だったら「インディー・ジョーンズ」いいですよね。
(あ~・・夢がありますね、また~。)
何でも出てくるな、音楽これ~。
(そうですね~)
これテンション上がるわ~。
(上がりますね~)
あの最近の新しいやつ見ました?
(見てないんですよ!)
見てないですか。俺映画館まで観に行きましたよ。「クリスタルスカル」や、良かったですよ。あの博士の息子みたいな人が大活躍するんですけど。
後ね、何だろう、「ジョーズ」ね。
(「ジョーズ」?!)
「ジョーズ」
(怖い・・)
怖い?「ジョーズ」見て無かったですか?ちっちゃい時。
(あのね、指の間から見てました。もうすっごい見てた。 笑)
俺もすっげえ見たな~。
(「ジョーズ」ゲームをしてましたね、私。)
何ですか?それ。
(あのみんなベッドの上にね、子供達が寝るんですよ。で、ジョーズ役の子がウワアッ!て飛びついてきてタッチされた子がジョーズになるの。)
ひゃひゃひゃっ
(はははっ)
全然ルール無いよね。
(ははっ)
でもあれですよ、嵐みんなで銭湯とか行くとジョーズごっこしますよ。
(え?どんな)
「デ~デン・・デ~デン」って言いながら、こう、こうやって、こうやって出して。
(何?何を出すんですか? 笑)
本当聞きますよね~。
(ねえ~。何を出すんだろうって思ってね~。「デ~デン、デ~デン」て言うから。 笑)
このジョーズごっこって言うのはよくやります。
(へえ~。それはみなさんのね、ご想像にお任せしますけれどもね。)
そうね。
(はい)
あと「バックトゥー・ザ・ヒューチャー」もそうでしょ?
(あ、これもね~。いいですね~。)
いいですよね。これだからスケボーが飛ぶやつ凄い夢だったよね。
(本当に。スケボー練習しました?)
しました。
(私も練習しました。)
あれ見てね。いや~、したな。
(こういうのって本当にやっぱり子供達の夢をね。)
そうですね。
(かき立てますよね。)
今だったらそれこそさ、「ウォーリー」とかもさ、きっとそういう今のちっちゃい子達は夢を持って見るんじゃ。見ました?「ウォーリー」
(見てないです。)
俺この間見たんですけど、ビデオ出てたから。すげえ面白かったですよ。
(何かとてもうるっと泣けるような感動だって聞きました。)
そう、あのね、ちょっと考えさせられました。何か綺麗、綺麗な映画だった。全然喋んないんですよ、ウォーリー自体は。
(「ウォーリー・・」)
そうそう、それぐらい。
(それぐらいなんだ。)
そうそう。でもその面白かったな~。今度見てみて下さい。
(分かりました。みなさんも是非見てみて下さいね~。)
あれはヒーローです。

(他にもありますか?)
あとはスポーツとかはね。僕あれだったんですよ、ロッテのファンクラブに入ってたんで。
(へえ~)
千葉ロッテ。ま、だから自転車でね、マリンまで行ける距離だったってのも大きいんですけど。それでよく友達とかと観に行ってたんですけど。その時のヒーローは伊良部。愛甲。
(愛甲?)
愛甲って知らないですか?
(愛甲選手・・すみません~!)
嘘~~~?!
(ロッテファンのみなさん失礼しました~。)
愛甲さん、超打つよ。
(あ、本当。)
超打ってたよ。
(え、すみません。)
知らないんだ~。初芝は?初芝。
(すみません!)
うっそ?!
(ごめんなさい。九州出身、杉崎美香。もっとロッテ注目します。 笑)
ひゃひゃひゃっ
(や、でも止まらないですよね。スポーツの話はね~。)
そうですね。
(他にもいますか?)
いますよ。プロレス、俺大好きだったの。で、僕ちっちゃい頃プロレスラーになりたくて。
(へえ~~!プロレスですか!)
小学校の前半はプロレスラーになろうと思って体作ったりしてたんですよ。プロレスごっことか流行ってて。そのまま「俺はプロレスラーだ」つって。「俺は新日だ」つって。武藤さんとか橋本さんとか蝶野さん。で、「闘魂三銃士」って言われてたり、ま、タイガージェットシンが出てきたりだとか、それを見るために塾を早く帰って来てた。
(へえ~相葉少年。)
相葉少年はかぶり付いてプロレスを見てましたよ。
(へえ~、いいですね、そうやってヒーローが大勢いてね。)
いっぱいいますよね。ヒーローだらけですよ。


(曲に行きましょうか。)
行っちゃいましょうか。
(はい)
じゃ、今度の曲はですね、今夜のテーマになったその曲を掛けたいと思います。聞いて下さい。嵐で「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」


♪ 嵐『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』


お聞き頂いたのは5月27日リリースの嵐26枚目のシングル「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」でした。
(ん~、この曲。)
はい。
(CMソングになってますよね、コーセーの。エスプリークプレシャスの。)
そうなんですよ。これ凄くそのアゲアゲな感じで。
(うん、本当にライブでも盛り上がりそうな。)
そう、ライブでも楽しみな1曲なんですけど。そのPVもまたすっごい踊ってて。今までに、ま、こんな事言っちゃあれですけど、一番疲れる曲ですね。
(へえ~~)
疲れるって言うか、本当に息が上がります、これは。
(今までも踊り、ね、ありましたけど。)
ありましたけど。もう全部フルで付いてて。
(ほお~)
MAの屋良君って言う、屋良っちが振りを付けてくれたんですけど「もう昔のその俺らがジャニーズJr.で頑張ってたようなロックダンスでやろうよ」って。「しゃかりきやろうよ」って言って振りを付けて。これ本当にキツイんですよ。
(じゃ、ちょっとライブの時は大丈夫ですか? 笑)
ライブの時はたぶんランナーズハイになってるでしょうね。(笑)
(そうですね~。 笑)
はい。でも本当楽しみな1曲なんで。
(じゃあこの曲が終った後のこう相葉君の疲れっぷりをね、みなさん見て頂きたいですね。)
そうですね。(笑)


(さあ、それでは相葉君。)
はい。
(事前にですね、僕、私の「ムテキ」自慢を募集しましたら沢山の方からメール頂きました。)
ありがとうございます。
(もうね、物凄いですよ。私こんなに沢山のメッセージが着てるの初めて見ました、番組で。)
本当ですか、ありがとうございます。
(それではちょっと紹介して頂けますか?)
はい。

まずはですね、これ東京の○○さん。
「私の「ムテキ」自慢は早口言葉です。アナウンサーを目指してる訳でもないのですが、以前友達と早口言葉対決をしていていつの間にか圧勝し続けていました。他の友達とも対決してみたのですが、やっぱり勝ち続けられます。その時早口言葉なら誰にも負けないと思いました。ちなみに対決した時のお題は「東京特許と・か・局・・
(許可局 (小声))
許可局強化局です。」
これ難しい!
(難しい!)
俺全然無理。
(え、でも。あ、待って、待って。)
杉崎さんは本職でしょ?
「相葉ちゃんも是非挑戦してみて下さい」って書いてありますよ。それでは行きますよ。)
東京特許許可くっ、きょうかっ、駄目だ!(笑)
(はははっ)
1回すら言えない。ちょっとやってみて下さい。本場!本場が見たいな。
(え~私ですか~、別にいいですよ。)
やって下さい、3回。セイッ!
(東京特許許可局強化局、東京特許許可局強化局、東京特許許可局強化局!)
すげえ!
(ははっ)
やっぱすげえや。そういうのって勉強するんですか?練習するの?
(えっとね、新人の時に結構、こうね~するんですよ。)
マニュアルがあるんでしょ?
(何か本があるんですよ。それで練習したりとか。)
へえ~、じゃ○○さんも向いてるかも知れないですね。
(本当ですよね~)
アナウンサー、東京の方だから、ほら。
(うん)
いっぱい選べますもんね、テレビ局ね。
(そうですよ。是非いつか○○さんお仕事しましょ? 笑)
ねえ、先輩からの。怖い先輩でしょうね。

続いて行きます!広島県の○○さんから。
「僕は最近「アラシちゃん」を見て、また「スーパーマリオ」に嵌ってます。「ムテキ」自慢はミニマリオで最後のボスを倒せる事です。相葉君は倒せますか?」
(ほお~)
ほお~、ミニマリオで最後のボス。ほお~、俺ね、全然駄目でした。「スーパーマリオ」やったけど。
(駄目でした?)
駄目でした。昔の方が全然上手かったけどな~。
(え、じゃ、この最後のボスまで行かない。)
そうです。行けないって事ですね。何かゲームとかってやりました?
(昔やりました。それこそ「スーパーマリオ」とかやりましたね~。)
僕が嵌ったのはね、「ツインビー」とか知ってます?横スクロールの。
(え~・・?)
シューティングゲームなんだけど。
(私よりじゃあちょっと下の世代かも知れないですね~。)
や、だいぶ下ですね。や、嘘です、嘘です。(笑)
(だいぶ下)
嘘です!
(でもそれは嵌りました?)
「ツインビー」は結構行けました。
(ほお~)
本当そろそろ行きましょう。
(ははっ)
みなさん、本当に沢山メールありがとうございました。
(ありがとうございました)


((CM))


さて、続いてはですね、素敵なプレゼントのお知らせです。杉崎さん、プレゼント行きましょう。
(はい。プレゼントはですね~、お出掛け気分も盛り上がる季節になりましたが、相葉君、
温度や湿度が上がると女性に取ってはちょっと嫌な季節になってくるんですよ。)
何がですか?
(汗とか皮脂が出やすくなって、化粧持ちってのが悪くなってくるんですよ。)
なるほど~、そうなんですね。
(でもそんな季節にオススメなのがエスプリークプレシャスの「ドラマティカルステイパクトUV-EX」なんです。「よれない、てからない、くずれない」と3拍子揃ったこのパクトは化粧持ちがとっても良いんです。
その秘密は新配合のフィルムフィックスパウダー、汗や皮脂と混ざると化粧膜が更に強くなると言う画期的な新素材なんですね。つまり、汗や皮脂が出るほどファンデーションが崩れにくくなると言うものなんですよ。)
へえ~・・。
(画期的ですよね。)
凄いですね。汗が出た方が崩れないって事なんだ。
(そうなんですよ~)
じゃ、本当にこの時期はいいですね。
(この時期にピッタリな商品で、そしてこのね、ケースがとっても可愛いんですよね。クリスタルが付いてて。)
あ、本当だ~。
(パッとポーチから出してね、化粧直しとかしたりすると。)
そうですね。化粧はやっぱいいですよね。
(あ、どうですか?化粧してる女性。)
好きですよ。
(あらっ!)
化粧、だから普段ね、こうギャップですね。ギャップが僕は好きですね。だから化粧バッチリしてる人がこう、その日してなかったらいいし。
(ん~)
してない人がバシッと決めてくると凄いね。
(そうですね~。じゃあこうバシッてね、決める時は崩れないようにね、しっかりね。)
そう、エスプリークプレシャスですよ。あ、言えた。
(言えた)
良かった。
(と言う事でですね、今日のプレゼントはこのエスプリークプレシャスの「ドラマティカルステイパクトUV-EX」ケースとレフィル、それに化粧下地。こちらも付いてますよ、ドラマティカルステイベースEXを3点セットにしまして、
番組をお聞きの20名様にプレゼント致します。色はオークルの410番のみとなります。ご自身のお肌の色をご確認の上、ご応募下さいね。プレゼント希望の方はメールで応募下さい。(アドレス、以下略))
これ男性の方はあれですね、彼女へのプレゼントにもいいですね。
(いいですよ~、これ。喜ばれます、可愛いからこれ。)
ヒューヒューですね、これ。
(ヒューヒューってちょっと古い。 笑)
ですね。ドンドン応募して下さい。待ってま~す。


((CM))


(さ、と言う事でお送りして参りました。緊急スペシャル番組「ムテキの相葉クン!」そろそろお別れの時間になってしまいました。)
なってしまいましたね。
(はい~)
来ちゃいましたね、終わりの時間がね。寂しいですね。
(そうですね~)
でも何かこういう機会がね、あって凄い良かったです。今年でもうあれですから、10年目になるんですよ、嵐が。
(そうですよね~)
そうです。だからやっぱ10周年でもありますし、その本当に応援して下さるファンのみなさんのための10周年だと思うので、やっぱりみなさんと関われる様な事が出来たらなと、今必死で話し合ってる所なんですけどね。
(あ、そうなんですね~。)
そうなんです、そうなんです。
(喜んで貰えそうな事を。)
貰えそうな事を今考えてるんで、お聞きのリスナーのみなさんはですね、ちょっと楽しみにして頂けたらなと、そんな風に思います。
(はい)

と言う事で、55分あっという間でした。如何でしたか?あなたも楽しんで貰えましたか?また機会があれば。お相手は僕、相葉雅紀と?
(杉崎美香でした。)
スペシャルプログラム「ムテキの相葉クン!」presented by KOSE エスプリークプレシャス。
(この番組はKOSE エスプリークプレシャスがお送り致しました。)
じゃ、また!
(また!)
会える日をじゃ、願って。
(はい)
ね?バイバイでもしましょうか。
(そうですね)
バイバイ~
(バイバイ~)

◆レポ完了◆


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。